MidoriMemo

ブログ始めました。看護師ブロガー。

東京都清瀬の看護協会図書館に行ってみた

 

f:id:midorisp:20150908042917j:plain

東京都清瀬の看護協会図書館に行ってみた。
高い看護協会費を払ってるので、物は試しに利用してみようと思った次第。
丁度調べ物をしなくてはならない用もあったので。

図書館 | 日本看護協会

 

まず駐車場に困る

車で行ったのですが、近隣に丁度良い駐車場が無いことが困りました。道路を挟んで向かい側に大きな病院がありますが勿論そこの駐車場に停めてはいけません。
2015年8月6日

図書館からのお願い

最近、近隣の病院の患者用スペースに駐車し来館される方がおり、
苦情が寄せられております。
来館の際には、公共交通機関をご利用ください。

しかしもう車で来てるわけで。幸いにも駅周辺なのでコインパーキングは簡単に何個かみつかります。そのときはパーキングの空き具合から徒歩10分ほどかかるパーキングになってしまいましたが、よしとしました。
周囲をぐるっと周ればいくつでもコインパーキングみつかりますよ。気楽に車で行って大丈夫ですよ。

入っていいのか迷う 

入り口には『日本看護協会』と立派な表札が。『図書館(ご自由にお入りください)』などという生易しい表示はされてないのです。

建物はやや奥のほうに斜を向いていて中の様子を伺い知ることはできません。まずこの先に入って良いのかどうか迷ってしまいます。

それでもここまで来たのだから入ってみると、図書館はこちらという案内が見えたので安心。ちなみに(こちら)じゃない方の建物はなにやら研修所のようです。

初めて利用した時に流れ を一気に

 入る。カウンターの司書さんにカバンをコインロッカーに入れてから入ってきてくださいと言われる。コインロッカーに荷物いれる。カウンターに戻る。看護協会会員カードみせる、利用簿に名前と会員番号書く。ゲストのバッジを渡されて見えるところに付けるように言われる(恥ずかしい)。簡単に図書館の案内をされる(蔵書コーナーの場所、蔵書検索ルール、貸出ルール、複写ルールなど)。
さあ、どうぞご利用ください。

面倒くさかったこと

今回はある分野の看護研究の論文資料を探したかったので2階にあがり、パソコンが並んでたので早速座って蔵書検索をしようとする。
また司書さんから「使う時は利用簿に名前書いてください」と。これがまた面倒くさい。
PC利用簿に名前書く→PCで蔵書検索→書架に実物を探しに行く(これで1セット)
そう、パソコン前に座ろうとする度に名前を記入するらしい。
んん。何回も行き来してるうちに、利用簿を埋めていく自分の名前。これ意味あるのかね。
そういうルールなので仕方ないけど。

複写をする 

目当ての分野の論文をいくつもみつけたので複写(コピー)をしたのでその流れ。
複写申請の紙に書名・巻数・ページ・発行年などを記入。司書さんに出す。
申請書に間違いがないかチェックしてくれる。沢山あるので面倒になって確認もせずささっと書いたので結構な書き間違いがあったのだけど、いやな顔せず修正してくれ、コピー機の前まで連れてってくれる。あとは1枚あたり10円でコピー作業。
こんな感じでした。ちなみにスイカも使えるコピー機でした。

今回わかったこと

・周囲にコインパーキングいくつもあるから車で行って大丈夫。

・看護関係の図書館なわけで資料探しには唯一無二の存在。

・司書さんは優しい。親切に笑顔で色々教えてくれる。

・ゲスト利用者はあんまりいない。ほとんどは看護協会の研修生が利用してるイメージ。だいぶアウェーな雰囲気を味わえる。

・図書館側の建物には女性用トイレしかない。男性は研修生が使う方の建物のトイレに行ってくれ、図書館ゲスト利用のバッジをつけていくようにとのこと(恥ずかしい)。

・大昔の看護系雑誌も読めて、歴史を感じさせる面白さもあり。

 

f:id:midorisp:20150905005336j:image

f:id:midorisp:20150905005313j:image

 f:id:midorisp:20150905005244j:image