MidoriMemo

ブログ始めました。看護師ブロガー。

結局は期待しない方が幸せなのかもしれない

昨日は楽しみに待ち焦がれてたデートの日だった。

毎度の夜勤を終えて帰宅して、いそいそと準備をする。普段なら十中八九、缶ビールを飲んで寝るだけなんだけど、今日は違うよ。おれにはデートが待ってるんだ。ごめんよ、冷蔵庫(と中のヱビス達)。

以前のブログで書いたけど、結婚をしてみたい。そのためにはたかがされどデートの1戦が超大事だと思い込むようにしてた。なんてゆーかもう心が踊ってた。心のうきうきを隠し切れないアラサーの男なんてやばいのはわかってる。でも楽しみなもんは楽しみなのだ。もう決めてた。付き合ってほしいと言ってみるつもりだった。2回目のお食事でぶっ放し過ぎかもだけど、イチかバチかでいきたかった。

その相手と初めて飲んだあと、あっちから声かけてくれての今回だ。否が応でも期待は大きい。約束の日を2週間わくわくして待ち続けていた。そもそも超可愛い。美人とかそういうのじゃなくて可愛いタイプなんだ。多分目に入れても痛くないと思う。お金も全部あげてやってもいいし、なんでも言うこと聞いてやってもいいと思ってしまう程だ。実際そうはさせまいと正義の自分が粘ってバランスをとるんだろうけども。

さらに言うと、親友が結婚して飲む相手ももういないしまじで寂しいのもある。家でダラダラ1人で飲んで寝るだけとかまじできつい。そんなだから、デートじゃなくても仕事以外で人と会う機会があるだけで嬉しくなると思う。今なら。で、すごく楽しみにしてたってこと。

で、何があったかというと。体調を崩したからキャンセルにしてくれと連絡が入った。乗り気じゃなくてそういう断り方の作法なのか、本当に体調を崩したのかはわからないけど。ひどく落胆した。

ただいま、冷蔵庫(と中のヱビス達)。

(と、ヱビスを飲みながら書いている。)