MidoriMemo

ブログ始めました。看護師ブロガー。

ボディバッグ1つで海外旅行に行ったら最高だった!

短めの海外旅行、ふと思う事があってたったボディバッグ1つに荷物をまとめて海外旅行に行ったら最高に楽だったので、そのすべてを紹介します。

f:id:midorisp:20150629105534j:plain

 

 バッグ

1.OUTDOOR PRODUCTS クラシックボディバッグ

www.amazon.co.jp

旅のメインとなるバッグはこれ。メインというかコレだけだけども。。ボディバッグというとそのサイズ感から小物ぐらいしか入らないと思いきや、意外に荷物が入るんです。

貴重品

2.財布(現金、クレジットカード)

3.パスポートケース(パスポート、予備用現金)

電子機器

4.iphone(&充電器)

5.SIMフリーwifi端末

普段使っているiphoneをそのまま持っていきます。

iPhoneは変圧器不要で海外でもそのまま充電できるみたいです。コンセントの差込口が違う国は変換器も持参する必要があるので注意。

デジカメなんて要りません。撮りたいものがあればiphoneで撮ればいいのです。

SIMフリーのwifi端末も持っていけば現地でSIMカードを買ってデータ通信可能です。

衣類

6.パンツ2枚

7.靴下2足

8.ユニクロエアリズムのインナーシャツ1枚

上記はカバンに入れてもっていく分なので、その他に国内から着用していく服もありますよ。

以前の海外旅行の荷物を思い起こすと30〜40ℓほどのバックパックの大半のスペースは衣類で圧迫してました。ということは衣類のスペースを削減できればだいぶ楽になるはずなのです。

下着類はその日着用したものを夜ホテルで洗って干せばいいですね。だから宿泊数分もっていく必要はないのです。

ユニクロエアリズムのインナーシャツは重要。トップスのシャツの替えは着用して行く分だけです。汗が浸透すると臭くなっちゃうので、インナーをかませる必要があるんです。

 

荷物は以上です。

 

洗面具?石鹸やシャンプー類?そんなものは旅先で買えばいいのです。そもそもだいたいはホテルに備えつけてあるでしょうし。

ボディバッグ1つでも上記の荷物だけであれば、帰国時のおみやげが少々入るぐらいのスペースの余裕はあります。自分はTシャツ2枚、ドライフルーツ3パック、キーホルダー数個、タバコ数箱ほど詰めれましたよ。

また出国時より入国時の方が荷物が多くなることは往々にしてありますが、そんな時は適度な大きさのトートバッグでもでも買ってしまえば解決です。買い物袋をそのまま使えばもっと経済的ですね。自分はそうしました。

 

この少ない荷物のおかげで、いちいちホテルを本拠地にしてその周りの限られた距離で楽しむという制限がなくなり、その場の思いつきで自由に行動できました。時には宿なしで飲み明かしたことも。

必要最小限の荷物で行動力を最大に発揮するのも中々よかったですよ。