MidoriMemo

ブログ始めました。看護師ブロガー。

セブ(マクタン島)のローカル射撃場に行ってきた

セブでは実弾射撃の体験ができますので試しに行ってみました。それも現地ローカルっぽい射撃場に。

f:id:midorisp:20150705174228j:plain

 

どこの射撃場に行くか思案

ネットで検索してみて簡単に情報がみつかるのは

・日本語サイトが用意されている邦人経営の安心・安全がうかがえるような屋内射撃場

・リゾートホテル内に併設されているというこれもまた安心・安全がうかがえるような射撃場

この2箇所程度です。でもこれらは屋内でしかもハンドガンのみ。求めていたのはコレじゃないと思いました。

せっかく体験するのだから、青空の下で、大きい銃で威力大きいのを撃ってみたいと思いました。(後から知ったんだけどショットガンって言うらしい。)

結構な時間をかけて検索を続けるも、ネット上では情報が見つからない。ショットガンを撃ったよーという体験談はみつかるけど、ショップ名や場所は書いてないから何処に行けばいいのかわからない。ショットガンを体験できるところは絶対にあるはず。ネット上でだいたいのエリアだけ検討をつけて、あとは現地周辺で探そうと思いました。

 

タクシーのドライバーに聞いてみた

タクシードライバーに聞いてみました。すると「ok,連れてってあげるよ」と。それじゃあ、とお願いすることにしました。乗り込んで10分、射撃場を探すようにぐるぐる走行。あ、これは知らないパターンだと気づく。(セブのタクシーでは良くあること。知ってても知らなくても「知ってる」と言う。本来は乗り込む前に確認が必要なのである。)

 

周囲のエリアを網の目に走ってもらって目視で探した

みつからなかった。

なんとなくわかってたけど、それじゃあ無理か。

 

リゾートホテルのフロントまで入って聞いてみた

「そんなのない。うちのアクティビティはダイビング、シュノーケル、アイランドホッピングだ。どうだ?やっていかないか?」と。

 

その辺に歩いている人に聞く

タクシーからいったん降りてヒマそうにしてるおじさんに「このへんに射撃場ある?」と聞いてみる。「あるよー。案内しようか?」と。お礼のチップにいくら求められるんだかと疑心暗鬼もありつつ、タクシーに乗り込んでもらって案内してもらいました。

すると、探してたエリアからちょっと外れた場所に目的の射撃場がありました!

 

地図でいうとココ! 

 

射撃場はこんな感じ!

フロントハウス

f:id:midorisp:20150705180052j:plain

フロントハウスから海方面の眺め

f:id:midorisp:20150705180144j:plain

f:id:midorisp:20150705180134j:plain

フロントハウスでどの銃の選択をする

f:id:midorisp:20150705180154j:plain

f:id:midorisp:20150705180158j:plain

選んだら値段交渉(言葉あまり通じないけど日本語の料金案内が用意されている)

f:id:midorisp:20150705180038j:plain

全て決まったらフロントハウスから射撃場に徒歩移動

f:id:midorisp:20150705180057j:plain

こういう射撃スペースがいくつもある。何グループか来ても対応可能そう。そんなに人が来るとは思えないけど。

f:id:midorisp:20150705180118j:plain

簡易的な講習後(空発練習)、的をセット、弾丸セット、射撃開始。

f:id:midorisp:20150705180102j:plain

 

店名。
セブワンダーランドシューターズクラブ(Cebu Wonderland Shooters Club) というそうです。
その店のfacebookも発見

Cebu Wonderland Shooters Club - ラプ=ラプ市 - ローカルビジネス | Facebook

 

どうでしたか?興味がある人はぜひマップを頼りに行ってみてください。